Okinawa Diary  P1  P2  P3  P4  P5  P6  P7  P8

おきなわフルマラソン

とうとう本番が来てしまいました。これまでのランニング関連の記事はこちらを参照←焦ってる様子などですが…。

スタートまで

すごい雨の中6時に宿を出て、コンビニごはんを車中で食べ到着。受付など済まし、このまま雨はしんどいな…と思っていたらスタート前に晴れ間が見えた。
大会用に買ったポーチを忘れたので購入…1500円、アミノ酸購入500円、まったく金がかかるなーと思っていたら合流したハルカちゃんの友達マルくんも時計を忘れたとかで購入10,000円…レベルが違う(笑)←マルくんはsub4(4時間切り)だったのでレベルがホントに違うんだが…
準備運動もほとんど出来ないままスタートしてしまったが、スタートしても混雑のためなかなか走れないので、これを準備運動とする。

写真左端で手を挙げてるのが、まだ元気な私。もう中盤、後半なんて見せられたもんじゃない。

スタート

ハーフまではかなり順調で2:21、練習でのペースをバッチリ守れてるようだし、このまま行けばフル4時間40分かも!なーんて浮かれたりもしたけど(いつも以上によく走れてたので)、やっぱ不可能;;
とにかくいつものペースで行けるとこまで行こうと走ってたのだが、これがオーバーペースってやつで30km地点からほとんど走れない状態になってしまったのである…っていうか歩くのも辛かった。
歩いては走り…ストレッチして、坂道では歯も食いしばったね、歯を食いしばるなんて久しぶりっ!

いつも走ってた距離10km、5km手前地点まで来ると距離感が掴めゴールが見えてきた気がする。途端に1kmの感覚が短く感じるようになって、未知の世界だった42.195kmを完走しそうな事に1人感動したりしたな〜。
他の人が着ている応援Tシャツの言葉にも励まされてじ〜んとしたりしたし。中には「ビールの為に走ってます!」っていうのがあって「私も〜!!」ってつい声かけそうになった(笑)。

励まされるといえば、沿道の応援がすごい。42km絶えず誰彼が応援してくれていて、途中途中ではブラスバンドや太鼓、踊りなどの応援団がいたり、車から音楽かけてくれてたり…公設以外の私設給水所(食べ物も含む)もたくさん。応援パワーのすごさを知りました!応援が無かったらくじけてたかも…本当みなさんありがとうございました。
何度か大会に出てる人から言わせれば、おきなわマラソンは応援といい私設給水所の数といいすごいらしい。昨日の北谷食堂のマスターも「おきなわマラソン走ったらね、沖縄人の良さが分かると思うよ。きっと楽しいよ。」と言っていたのはこういうことかと。

コースの沖縄らしさもすごく素敵だった。
坂道が多いらしいのは頂けないが…;坂を登り切って見えた海は本当にきれいだったし、嘉手納基地内を走るっていうのも沖縄感満載だと思う。米軍の人たちの応援はかなりハイテンションで面白かったし、基地内の芝生でストレッチしたのは気持ちがよかった。
初フルマラソンをおきなわマラソンにして良かった☆

完走後の感想(ブログより抜粋)

完走(制限時間は6時間15分)が目標だったけど、5時間35分(4554位/9362人中)。初大会出場&初フルマラソンにしては上出来だと思う。
琉球新聞とおきなわマラソン公式HPに完走者リスト載ってます♪

そして一緒に参加した2人も完走。宿が一緒だった人達もほぼみんな完走でき、嬉しかったです!!


久々に気力・体力の限界を体感し、今も足がえらいこっちゃよ。

でもでも、それ以上に嬉しかったり、楽しかったり、感動したり、本当にいい経験が出来た。同宿でゆんたくしたランナーの言葉を借りればフルマラソンには10kmやハーフにはないドラマがある。ドラマか〜まさにそんな感じ。

まず一番は達成感、自分が完走出来たことに感動しちゃった〜♪

そうそう、沖縄放送のインタビューも受けたよ〜!
ダイエットではじめたジョギングがこんなことになるとは思ってもなかったけど、なんでも新しい世界っていうのは楽しいね。

オキナワマラソンバンザーイ☆

ホーム   NEXT