Malaysia Diary  P1  P2  P3  P4  P5  P6  P7  P8  P9  P10  P11  P12  P13  P14  P15  P16  P17  P18

9日目

ラブアン島

ブルネイからマレーシアのコタキナバルへ船で移動するにはラブアン島(マレーシア)を経由する。早く出れば1日で移動しきれるけど、ちょっとラブアン島も歩いてみようと思った。←寝坊して乗り継げなかったんですけど…
まずはホテルを…と街へ歩き出すとネットカフェがあったのでbooking.com経由で最安のところを予約した。フェリーのりばから遠かったけどまずまずなホテル。まずはごはんをと近所の中華屋へ。ランカウィ同様この島も免税なのでお酒が安くてうれしいことです。(すでに部屋用ビールは買っている)
つまみはサバベジ(マレーシアサバ州で採れる野菜)の卵炒めとマレーシア名物料理の一つバタープロウン(揚げた海老にココナッツをバターで炒めたのを絡めたやつ)。かなりこってりだけどクセになる。(22$≒1,950円)

飲んだあと少し先のモスクまで歩いてくと近代的なグレーのモスクが見えてくる。ちょうどお祈りの時間で薄暗いなかコーランが流れ出して旅情がかきたてられる。知らなかった島でコーラン聞きながら夜の散歩などしていると自由ってなんて素晴らしいんだろうって思った。一人旅でしか感じれない感動だったと思う。

10日目

散歩

午後の出港までだと、散歩くらいしかやることない。ホテルの人に聞くと「ファイナンシャルセンターおもしろいかも!」っていうのでそちらを目指しつつ。
朝食に食べたラクサがシンガポール動物園の高いラクサなんかよりぜんぜんおいしくて見直したよ。(6$≒530円)

ファイナンシャルセンター

ファイナンシャルセンターはショッピングモールのようです(隣は金融関連ビルだと思う)。
チャドルがたくさん売ってるのはさすがイスラム圏。ヒマつぶしにはなったけど別にそんなおもしろくはなかったぜぃ。フェリーターミナルに向かいますかね。

コタキナバル到着

ホテルにチェックインしてすぐ近くのナイトマーケットへ。規模も大きいので観光客や地元民で結構にぎわってて雑貨屋なども盛んなんだけど、どうもシンガポールとマレーシア雑貨はデザインがダサいんだよな…いつもアホみたいに膨らんでく荷物が今回は出発時とあまり変わらない。ナイトマーケットでは食指がうごかず…マレー料理のお店へ。

レストラン スリメラカ(Restaurant Sri Melaka)

フィッシュカレーと、ミーゴレン(ちがうかも?)と野菜スープを。ここのレストランは料理のサイズが選べるので1人だとありがたい。Sサイズとはいえ2品が限界だけど。
フィッシュカレーはタマリンドが入っているそうだから苦手かな…って思ったらやっぱり好きな味じゃなかった。ちょっと酸っぱさが効いたカレースープって感じかね。ミーゴレンとスープはおいしかったけど、やっぱりお酒がないのつまらないから缶ビール買ってホテルへもどる。部屋はしょぼくて飲む気にならないので、ロビーで飲んでたらオーナーがビールくれました、ウシシ。

ホーム   NEXT