ishigaki Diary

那覇泊・首里城
竹富島の海
夕日とゆんたく
石垣島ビーチとごはん
波照間島散策
居酒屋を探して…
たくさんの魚と星
最南端はいずこ?
ごはん&お店詳細?
ごはん&お店詳細?
ホテル・民宿詳細

夕日とゆんたく

水牛

*写真をポイント*

宿に戻る道中で水牛車を見かけた。右の写真は水牛を散歩させてるようなんですが、どっちが散歩されてるのか分からないんだわ(笑

ごはん

宿に戻ると、他の人達も戻ってきていたので、挨拶をして、シャワーを浴びた。 食堂に行くと、テーブルに刺身、小鉢が並んでいて、ごはんはセルフみたい。 席に着くとみそ汁を持ってきてくれた。

缶ビールを買ってきて(これもセルフ)飲みながらも、片付けもあるだろうからと早めに食べた。 家のごはん…というより、夏休みにおばあちゃんちで用意されていた“ごはん”って感じで、美味しかった!

夕日を見に

食後はみんな西桟橋という夕日スポットに行くようだ。
食後にのんびり歩きながら、夕日見に桟橋に向かうって贅沢だよなー。日が沈みかけの島の景色も趣があっていいものです。

桟橋に着くと、結構な人が集まっていて、こんなにワラワラとどこに居たんだ?!場所取りをしてビールを飲んだ(うめー)
でも、雲行きが怪しくて太陽が雲の中にいる、風がもう少しあれば流れてくれるのに。 残念ながら宿に飾ってあったような、大きな夕日は見れなかったけど、これはこれできれいだった。

夜の散策

集落が街灯でライトアップされているように見える。
ほろ酔いなので調子乗って、なごみの塔という見晴台に登りに行った。
この塔は急な階段で前回昼間登った時には、怖くて足がふわふわしちゃったんだけど、夜だと景色がくっきり見えない分怖くなかった。帰りにつまみになりそうな、お菓子を買って帰った。

ゆんたく

ゆんたく…お酒を飲みながらおしゃべりする文化のこと

宿に戻って、外で飲むことにして自販機でビールを買ってると、ちょうど1人旅男子も氷を持ってやってきた。 彼はウィスキーをペットボトルに入れ直して持ち歩いているらしい。
1時間くらい経つと、他の宿泊者の人達が泡盛とお菓子を持ってきて加わった(それまでは食堂で話していたと思う)。 最初嫌な感じだな〜と思ったおじさんも話してみると、そういう話し方なのだと分かったし、18才少年の彼女(箱入り娘)とキスがしたい!という悩みを聞いたり、少年が弾く三線にダメだししたり(絶対同じ場所で間違える)と面白い。
人見知りっぽいと言っていた少年は、確かに人見知りっぽかったけど、実は人と人とを仲良くさせるのが上手だったので、彼が思うより人と付き合うのが上手なのかも。

途中でみんなで宿の裏手に星を見に行くと、星がたくさん見えた、天の川もくっきりと。 島泊すると必ずいる“八重山マニア”、ここにも4人(1人はマニアじゃなくて研修で滞在してただけだけど)。 彼らは本当くわしく、変なことにも詳しいから、波照間の有名な宿の、文句とか(苦笑、どこの海がきれいだとか、色々聞けた。
うちらが泊まっている部屋が、織田裕二が泊まった部屋だということも!

子連れ家族も一緒に飲んでいて、子供も途中まで参加していて、子供がいるから参加しないとかなくて、そういうのっていいなと思った。

ただ、ゴキブリがね、すげー出るの。 でかいの、5cm〜クラスのが! 飛びまくるし…あんな自由に飛ぶゴキブリを見たことがありませんでした;

自然たっぷりの所には、そういうことも仕方ないんだけどさっ。

→NEXT

ホーム