Ishigaki Diary

羽田〜石垣島
小浜島に行く
小浜島ゆんたく
小浜島→石垣島
米原ビーチ
帰る日

米原ビーチ

朝ご飯

温野菜、ゴーヤチャンプルサラダ、リゾット、スープ←おかわりした
一日ビーチで遊ぶ予定、天気もすごく良くて嬉しい! 昨晩、お友達に教えてもらったビーチに向かった、場所は米山椰子群近くにある米原ビーチ。

米原ビーチ

米山椰子群への入り口とは逆の道に入り、雑木が立っているけれど、奥に進むと車が少し停められるようになっているので、農作業の邪魔にならない場所に停めて雑木林を歩いて進むと着きます。

今ネットで検索してみると、ここは米原ビーチと紹介されている場所の少しはずれのようなところのよう。トイレや売店、シャワーなどもなかったけれど、人が少なくて穴場的でよかった。写真は小さく岩で囲まれた場所ですが、岩をまわると広いビーチもあるの。
雑木林を抜けて… 海が出てくる!
ここには、ヤドカリが本当にたくさんいて感動した!海の中は珊瑚がたくさんあり、ブルーの魚、透明の魚、…なまこがたくさんいて、綺麗だったり黒くて気持ち悪かったりだけど、本当にきれいな海。しばらく遊んでると、知人夫婦が合流。そして、これだけ引き潮だと、洞窟入れるかも!と言って素敵なとこに連れて行ってくれた。(ビーチ沿いにある)
奥の砂にはたくさん星の砂があるんだって。
ずっと日陰になっているから、すごく涼しくて、水もひんやりしていて気持ちがいい。もちろん、さかなもたくさんいる。
シュノーケルしたり♪ 魚、見えるかな?
砂に潜るカニが気になって掘り続けるワンコ 知人夫婦と友達たち
洞窟から離れて、沖に向かってシュノーケルをしてみると、水族館の中にほうりこまれたような感覚になる!小さな青い魚以外に、大きなカラフルな魚、群れで泳いでる小さな魚、カクレクマノミ、イソギンチャク〜珊瑚も。くり返しその辺を一周する、何周でもしたい!

ただ、私は問題なく泳げるし、立ち泳ぎも出来るのだけど…深い海が少し怖いので、1人だと心細いものがあった。(あの深い所の影に何がいるのか…、足がつったらどうしよう…、沖に戻れなかったら…とか考えちゃってさ)そんなわけで、絶対浮き輪の類がないと、シュノーケルなんて出来ない。

その浮き輪のせいで背中がずーっと陽にさらされていて、すごく熱くなった。

日焼け注意

とても熱くなった背中を冷やしにまた洞窟の下の海に浸っていると、地元のおばちゃんに話しかけられた。「どっから来たの?」とか「何日いるの?」とかの普通の会話をしていた。そして水から上がった私を見て、「そんなに、どこで焼いたんさ〜?!」「そんなに、私でも焼いた事ない!長袖でも焼けるのに!」「大変さ〜!」と言われて、周りを見ると水着で遊んでいるのは私だけだった(苦笑
アロエ塗って、なんとかっていう植物を塗りつけるといいよ…と言いながら、植物を摘みに行ってくれた。そして、ついでに珊瑚で傷だらけの足を見て、「あら!あんた足も大変じゃない。珊瑚のキズにはモンパだよ!」とそれも摘んでくれた。

みんなにも、大丈夫?と言われてはいたけど、そんな知らない人にまで言われるほどだと思わなくて、焦って冷やしたりいろいろした(もちろん、草を貼ったりもしてみた)。そのかいあってか、水ぶくれとかにならずに済んだ〜。日焼け止め、対策はきちんとしなきゃだめな場所ですね…まぁ常識ってやつ?

結局11時頃〜夕方まで、遊んでた。我ながら、休憩無しで遊んでいたのだから、すごい元気だなーと思った。

夜ごはんーいしなぎ屋

add:沖縄県石垣市字大川43
tel:0980-83-9929
HP:いしなぎ屋

*特選カルビ、高いけどさ、せっかくだから是非。
牛タン、厚いな♪ 石垣牛のにぎり
石垣牛やきにく、ここが一番好き。キムチもおいしいし。
ここでお腹いっぱいになるなんて幸せ♪
石垣牛って、沖縄サミットでの会食に出されて各国首脳も大絶賛だったらしいじゃないですか。そして、今回知ったのですが、石垣から神戸に売られて(規格年数以上)育てられたのが神戸牛、その他松坂牛、三田牛になっているそう。
ってことは、そんだけすごい牛なんだよね。そう考えると、とても格安に感じてしまう、お値段だわ。

コンビニに寄ってから、ホテルに帰り、また体を冷やす作業をしつつ、おやすみzzz。

ホーム   NEXT