Hiroshima Diary  P1  P2  P3  P4  P5  P6  P7  P8

しまなみ海道1日目

あいにくの雨…(涙

でもホテルの人曰く「雨でも自転車で渡っちゃう人います」らしいので雨合羽買って挑戦することにした。ホテル前でレンタサイクルを借りて、ここで橋の料金チケットをつづりで購入したんだけどキャンペーン中で半額の250円…これ買うと橋全部分になります!

まずは向島(”時をかける少女”でここから原田知世が渡ってきます)まで、自転車にまたがりながら船で渡ってスタート…雨合羽の首部分をゴムでキュッと結んで照る照る坊主みたいになって走った。っていうか、なんで頑張ってるんだろう私?とかも思いましたけど(笑
苦行好きとしては仕方ありません、だいたいこのコースを旅程に入れてる時点で頑張る気まんまんだし;


向島→因島→生口島まで渡ってきたところで、一気に晴れたっ!助かった〜!すんごいしんどかったの、雨の中走るの!
というところでジェラート屋さんがあったので休憩して伯方の塩ジェラートを。もちろん美味しかったっ。
その後も観光地は一切寄らず(サイクリングコースから離れてるんで)ただひたすらiPod聞きながら走った。日が暮れてきた辺りやっと大きな島“大三島”に到着。
     
これが生口島→大三島を渡す多々羅大橋。

な〜んとフランスのノルマンディー・ブリッジを抜いて世界一の斜張橋…だそうだ知らんかった!(全長1,480m主塔間890m)そんなのがしまなみ街道にっ。←失礼;
そんでこの多々羅鳴き龍っていうのがおもしろくて手を叩くと音が反射して龍が鳴いているように聞こえるっていうポイント(日光東照宮の鳴き龍現象と同じだからそう呼ばれてる)。手を叩くよりセットしてある2本の棒を叩いた方がきれいに聞こえた ♪〜


観光インフォに行き旅館一覧をもらい、マリブを予約をして途中にある多々羅温泉に。
1日走り倒した(7〜8時間)身としては嬉しいポイント、ほのぼの湯に浸り旅館に向かった。ごはんは適当につまみとビールをコンビニで買って部屋で寝転がりながら…テレビ見ながら…お行儀悪くてすんません。こんなんでも旅の夜はなんか幸せ。

ホーム   NEXT