シルクロード Diary

知らなかった世界
出発〜北京の初夜
天安門と紫禁城
北京散歩と自然博物館
西安まで1泊2日
西安観光
敦煌まで2泊3日
敦煌・砂漠と漠高窟
敦煌・夜の砂漠
麻婆豆腐が食べたい
BEST MAMU BERGER
カシュガルのごはん
カシュガルのバザール
ウルムチ→北京
万里の長城に置き去り
帰国後日記
中国的便所事情(番外)
1元=約14円

敦煌・夜の砂漠

ドミトリーの人達

変なやつらだなーと思っていた彼らは、やっぱり変な人達だったんだけど(笑)すごく面白かった。

1人は旅は3年目(彼女を日本に置き去り)っていいながら、ヒマだから縦笛送ってもらったんだけど上達しちゃってさ〜という人。1人は医師になることが決まり、医師になったら旅行なんて出来ないから…と1年近く旅行するんだという、いい男。なんと彼はガンジス川にダイブしたら、気絶したらしい体験の持ち主。
チベットへの闇タクに乗る際に、中国人になりすます作戦を立てている人がいたり。
新しく部屋に来た女の子は1ヶ月北京で中国語を勉強して、中国を旅行してるの♪というおねえさん。私は初めてこんな人達に会って、すごい刺激を受けてしまいました、いやむしろ尊敬。一番最年少の私は、結構かわいがってもらえたな。

Tくん眠る2

さて、ブランチでも行きますか、とJ'Cafeというツーリスト用カフェに行き、オムレツなんぞ食べて満足になって話していたところ、私が爆笑したんですわ。息で舞い上がった灰皿の中の灰がTくんの目に入ってしまいました。
するとどういうことでしょう、痛がるのは分かるのですが、自然と目が閉じてしまうと言うのです。んで、私の爆笑をブツブツ文句言いながらホテルに戻ると、目が閉じてしまうというワケで眠ってしまいました。

おいおい。

夜の砂漠へ!

市場の様子 レンタサイクルで砂漠へ
結構な距離があるので、早めに出発。この砂漠は車が入れないようになっている事もあって、排気ガスで空気が汚れていないので、星の数が半端ない。
流れ星がいくつも見られ、9月だというのにミルキーウェイがハッキリと見える。これだけのために来たと思ってもいいくらいに、ロマンチックな世界なのでした。砂はひんやりしていて寝ころぶと気持ちがいいし、星が降ってきそうな感覚になる。

帰り道

せっかくロマンチックな気分を味わったのに、帰りは街灯のない真っ暗な道を走らなければならず大変怖かった。
街灯もないし、自転車にライトはないし、しかもブレーキも利かないんだ、こいつは。あぶなかったなー。

NEXT

ホーム